市川市 保育園 子育て支援 国府台保育園

国府台保育園 市川市 保育園 子育て支援 一時預かり 特定保育

  • 1947年(昭和22年)米国人エーネ・パウラス宣教師によって創設されたキリスト教主義の保育園です。その経営は、社会福祉法人千葉ベタニヤホームが行なっております。
    1962年(昭和37年)ドイツ人ヘンシェル宣教師の指導で障害児保育が実施され、その歴史は現在も引き継がれています。どの子も神の前で等しく愛され、個性を尊重した保育をめざしています。
    保育園は、地域の社会的資源として、地域子育て支援センターの役割をめざして、許される範囲で多くの人に利用していただくようにしています。

乳児クラス 幼児クラス
0歳児 つぼみ組 3歳児 星組
1.2歳児 すみれ組 4歳児 月組
1.2歳児 つくし組 5歳児 光組
1.2歳児・一時・特定保育 こひつじ組
  • 定員

    120名

  • 職員

    園長、主任保育士、保育士、事務員、栄養士、調理師、非常勤職員、看護師、延長保育職員

  • 保育内容

    乳幼児が1日の大半を保育園で生活することを考慮し、安定した生活と充実した活動ができるよう環境を整え、子どもの発達に応じて計画を立て日々の保育を行い、園生活を楽しく有意義に過ごせるように配慮します。
    保育は、家庭や地域社会との連携を密にして、子どもが豊かな生活経験ができるように工夫していきたいと考えています。

  • 保育目標「神さまの恵みの中で、喜んで過ごす」

    ・よく遊ぶ。
    ・みる。きく。かんじる。考える。
    ・みんなで生きる。

  • 保育の活動「職員のチームワークによって行う」

    生活と遊びにより、子どもの育ちを援助する。食事により、心身の育ちを援助する。安全と保健衛生により、いのちを守る。自然環境の中で養われる。

提供する曜日 月曜日~土曜日まで
開園時間(カッコ内は土曜日) 7:00~20:00(7:00~18:00)
保育標準時間認定を受けた方の利用可能時間 7:00~18:00
保育短時間認定を受けた方の利用可能時間 9:00~17:00
休園日 年末年始及び日曜日・祝日
※上記利用可能時間以外は延長保育となります。延長保育を希望される場合はご相談ください。
※19:30を過ぎる場合は補食の実費をいただきます。
  • ・給食は、心身の成長発達と、健康保持、増進をはかるために必要な食べ物を、質量の面からバランスのとれた献立により実施します。
    ・正しい食生活を身につけます。食前の手洗い、食前の祈り、あいさつ、食事のマナー、食後の歯磨き(うがい)
    ・何でもよく食べる。
    ・楽しい雰囲気の中で食事をする。

    ◎土曜日(2回/月)は「お弁当の日」です。
    愛情を込めた手作りのお弁当を持って登園します。詳細は献立表をご覧ください。

    ※食物アレルギーのある場合は、医師の指示に従い除去食を用意します。事前に栄養士との面接を行います。
    ※給食の見本は毎日展示してありますのでご覧ください。

  • 独立行政法人日本スポーツ振興センター
    全国私立保育園連盟保険

    保育園で発生した不慮の事故、登降園中定められた経路を通過中に起きた事故、その他保育園の管理下における災害にあった場合に、支払った医療費の一部を助成する制度で全員加入します。

  • 安心と信頼の保育園

    【育ち合う関係づくり(子ども、親、保育者、地域社会の中で)】

    ・乳児保育(産休明け、育休明け)
    ・延長保育(開園7:00 閉園20:00)
    ・障害児保育(関連機関と連携)
    ・一時預かり・特定保育(非定型、緊急)
    ・地域子育て支援の働きとして
     育児相談、育児講座、ホッとサロン、エプロン広場
    ・食事(離乳食、幼児食、アレルギー食。医師の診断書と指示書に基づく)
    ・家庭との連携
     保護者の保育参加、懇談会、面談、連絡帳、園だより、保健だより、給食だより、日々の会話、父母の会活動に協力
    ・市川市地域子育て支援センター「こあらっこ・こどもセンター」事業

    【地域交流事業】

    世代間交流、異年齢児交流、学生のボランティア受入れ、高齢者のボランティア受入れ、夕涼み会、敬老の集い、運動会、小学生クリスマスなどを実施。